10926円 [ビートソニック/Beat-sonic] サウンドアダプター 【品番】 NSX-03A 車用品・バイク用品 車用品 カーナビ・カーエレクトロニクス カーオーディオ その他 10926円 [ビートソニック/Beat-sonic] サウンドアダプター 【品番】 NSX-03A 車用品・バイク用品 車用品 カーナビ・カーエレクトロニクス カーオーディオ その他 ビートソニック Beat-sonic 【再入荷】 サウンドアダプター NSX-03A 品番 車用品・バイク用品 , 車用品 , カーナビ・カーエレクトロニクス , カーオーディオ , その他,NSX-03A,[ビートソニック/Beat-sonic],10926円,サウンドアダプター,/isle375776.html,www.dogclub.it,【品番】 車用品・バイク用品 , 車用品 , カーナビ・カーエレクトロニクス , カーオーディオ , その他,NSX-03A,[ビートソニック/Beat-sonic],10926円,サウンドアダプター,/isle375776.html,www.dogclub.it,【品番】 ビートソニック Beat-sonic 【再入荷】 サウンドアダプター NSX-03A 品番

ビートソニック Beat-sonic 再入荷 【即納&大特価】 サウンドアダプター NSX-03A 品番

[ビートソニック/Beat-sonic] サウンドアダプター 【品番】 NSX-03A

10926円

[ビートソニック/Beat-sonic] サウンドアダプター 【品番】 NSX-03A




キット構成 アダプター本体/ 6ピンカプラー/ ウレタン(2)/ 取扱説明書 /保証書
特長 メーカーオプションナビ付車(ツインモニター含)のオーディオ交換が可能です。
純正ナビ/アナログTV(外部入力)が使用できます。(純正時と同様、走行中は映りません。)
CAR WINGS、ハンズフリーフォンも使用できます。(ミュートはフロントスピーカーのみとなります。)
詳細、適合はメーカーホームページにてご確認ください。画像はイメージです。実際の商品と異なる場合があります。商品紹介●純正デッキを取外して市販デッキ(ナビ)を取付けるキットです。 ●ニッサン汎用メーカーオプションナビ付車用。 ●カーウィングス、ハンドフリーフォンも使用できます。(ミュートはフロントスピーカーのみとなります。) ●純正ナビ/アナログTV(外部入力)が使用できます。(純正時と同様、走行中は映りません。) ※この商品には適合があります。 詳細情報はメーカーサイトにて適合をご確認下さい。使用上の注意※オーディオ交換のアダプターのみです。 ※新デッキとの組合せによっては、ポップノイズが出ることがあります。 ※このアダプターで、純正ナビ、モニターの交換はできません。 ※BOSEサウンドシステム、5.1chサラウンドシステムには対応しません。 ※ホログラフィックサウンドシステム/スーパーサウンドシステム付車は、日産純正2DIN用パネル及びホルダー(金具)が必要になる場合があります。 ※アダプター本体からRCAで出力される音声をオフにすることはできません。 ※純正ハンドフリーフォンは、スピーカーからの音声が小さくなる事があります。安全警告※本製品の固定、付属品、ケーブルの接続は確実に行って下さい。 ※固定や接続が不十分な場合、本製品が正常に機能しない原因となります。 ※万一、異常がある場合には直ちに使用を中止して下さい。 ※事故の原因となるため運転者は、本製品を走行中に絶対に使用しないで下さい。 ※本製品を分解、改造しないで下さい。 ※違法改造車、整備不良車等への本製品の取り付け、保証などのサポートは一切行っていません。

[ビートソニック/Beat-sonic] サウンドアダプター 【品番】 NSX-03A

緊急お知らせサイト

本サイトは、災害等発生時など、緊急時の情報発信に特化したサイトです。
災害発生時の初動期においては、本サイトから情報を発信します。
リーフ メンズ シューズ サンダル Dark Brown Full Grain Leather 全商品無料サイズ交換 リーフ メンズ サンダル シューズ Men's Reef J-Bay III Thong Sandal Dark Brown Full Grain Leather

新型コロナウイルスに対する
北海道大学の対応について

  •   
  • 12月27日 15:50更新
  • 11月10日 16:20更新
  • 12月07日 15:30更新

  • 新着情報
  • お知らせ
  • 研究発表
  • イベント情報
  • 入試情報
  • 受 賞

北海道大学の卒業生による実体験や生の声をお伝えします

more

北海道大学の今をお届けします

more